FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロスペクト理論

皆さん、日々のディールお疲れ様です。

日々のディールの成果はいかがでしょうか?

ガラケーは仕事漬けの毎日で充実した日々を過ごしているであります。


さて、今回は早速本題に入ろうと思います。


まずは前回の復習。
トレーダーの三種の神器の一つ目は資金管理であります。

資金管理は、非常に非常に大切です。

スキャルピング~スイングトレードの方は慣れてくれば10倍~時には時間限定で25倍レバレッジでも良いですが、そうでなければ必ずレバレッジ2~5倍くらいでトレードしていただけばと思います。

スイング~中長期であれば、レバレッジを1倍の場合、外貨預金とあまり変わらないので、レバレッジ2~3倍くらいでトレードすることをお勧めします。

もちろん、資金管理が大事ですので、どのスパンのトレードであったとしても低いレバレッジでしっかり守りながらトレードすることも大事であります。
それは皆様次第でありますので、しっかりと増やし続けて頂ければ幸いです。



そして、今回のテーマ、トレーダーの三種の神器の二つ目は損切りの設定であります。

損切りの説明の前にプロスペクト理論について理解していてだければと思います。

皆さん、プロスペクト理論について知らない人の方が多いと思います。

プロスペクト理論とは不確実性下における意思決定のモデルの一つ。選択の結果得られる利益もしくは被る損失および、それら確率が既知の状況下において、人がどのような選択をするか記述するモデルである。ちなみに、「プロスペクト(prospect)」という語は「期待、予想、見通し」といった意味を持っております。
これをファイナンスにおける意思決定などにおいて、人々が既知の確率を伴う選択肢の間でどのように意思決定をするかについての記述がありますが難しいので、簡単に例を出して書こうと思います。
皆さんはこのような賭けがあった場合どちらに挑戦しますか?


賭け1 (前提として、参加費などはかかりません)
①じゃんけんをせずに100万円が貰える。
②じゃんけんで勝ったら200万円貰える負けたら1円も貰えない。もちろん払う必要もなし。

さて、皆さんはどちらに参加せれますか?

きっと皆さんこの①の賭けに参加するでしょう。リスクが全くないからです。
もちろん②にチャレンジする方もおりますが、圧倒的に①に挑戦する人が多いという結果が出ております。


では、このような場合はどうでしょうか?
賭け2(前提として、参加費などはかかりません。ただし、あなたは200万円の借金がある)
①じゃんけんをせずに100万円が貰える。
②じゃんけんをして勝ったら200万円を貰える。負けたら1円も貰えない。もちろん払う必要もなし。

さて、あなたは200万円の借金があった場合、今回の賭け2を挑戦しますか?


この答えに関しては若干ばらつきがあると思います。
ただ、多くの人は、この賭け②に挑戦すると思います。
しない方は、200万円ならすぐに稼げるからという人かもしれません。
そういう人は借金の金額と貰える金額を10倍100倍にしてみて頂ければと思います。少しは考え方が変わるかかもしれません。
実際の結果としては賭け1で①を選んだ多くの人は、②を選ぶそうです。

この結果の意味する賭け1の様に利益が目の前にある場合、確実に利益が得られる方①を選びます。
賭け2の様に損失が目の前にあると、損失をなくせる確率が高い②を選ぶ傾向があります。
つまり、これをトレードに置き換えると、皆さんの前提条件として、損失がある場合、ない場合によって、トレードに影響が出ます。





プロスペクト理論からもわかる通り、人間の心理として、損大利小を取ることからも、損切り設定は徹底すること。
特にスキャルピング・デイトレード~スイングトレードでトレードを行う場合は、必ず損切りを行うこと。
一つ前のトレードにおいて、損失が出た時こそ、勇気がいりますが必ず損切りをしましょう。損切りが出来てこそ、トレーダーとしての真価が問われるであります。
損切りがしっかりとできるまでは、レバレッジを上げたり、高額なトレードは絶対に控えて下さい。

トレーダーとして儲けるには、儲けつつ、儲けを伸ばしつつも、負けないこと、あるいは負けを最小限にすることが重要であります。上がるだろう、上がるだろうと思い、損切りをしないと損失が広がり、損切りのタイミングを失い、ロスカットなんてことになれば、大切な資産を大きく減らすこともあります。
本当に気をつけて頂ければと思います。
どんなトレーダーでも負けないトレーダーはいません。必ずどこかで負けています。ガラケーも100%毎日勝っているいるわけではありません。
もちろん負ける時もあります。



投資を怖いと感じる人も出てきたかもしれませんが、自分で決めたルールさえしっかり守れば、資産をしっかり増やすことができます。
ですから、怖がらずにトレードして頂ければ幸いです。



そして三種の神器の三つ目に関しては、また次回に。



スポンサーサイト

日々のディールお疲れ様です。

日々のディールの成果はいかがでしょうか?

ガラケーは本日も仕事とトレードをしながら、稼いでおります。

最近健康管理を意識し始めました。健康的な食事や定期的な運動を心掛け、日々健康を意識しているであります。仕事にトレードに運動に、時間がかなりカツカツでハードな生活を送っております。トレード並の本気の活動ですので、皆さん応援して下さると幸いです。


さて、そろそろ問題に入ろうと思います。
ここしばらく、トレーダーの心得について書いてきましたが皆さん理解できましたでしょうか?
特に初心者・兼業トレーダーの方には参考になるかと思います。

簡単に復習すると、トレーダーの心得として大きく分けて4つあります。

一つ目が、自分のトレードスタイルとルールを作ること。
そして、それらを守ることであります。

皆さん自分のルールを作り、守りながらトレードをしているでしょうか?
負けない為にも、自分で決めたルールは必ず守りましょう。

二つ目が感情のコントロールであります。
調子が乗らない時や、少しでも危険を感じた時はトレードは控えましょう。
ノートレードも大切であります。

三つ目はトレードする通貨の特徴をつかむことであります。
皆さん自分にあった通貨を見つけることが出来ましたでしょうか?
急がず焦らず、自分にあった通貨を見つけましょう。


そして、最後の四つ目はトレードスパンを確立させることであります。
皆さん自分にあったスパンを見つけることが出来たでしょうか?
自分の性格に合わせたり、生活に合わせたり、通貨に合わせたりして、スパンも確立させましょう。



そして、今回のテーマはトレーダーの三種の神器についてであります。


こちらも投資をする上ではとても大事な項目になりますので、参考にして頂ければ幸いです。

そもそも三種の神器とは日本神話において、天孫降臨の時に、瓊瓊杵尊が天照大神から授けられたという「鏡」・「玉」・「剣」のことであります。


f41dac73.jpg



また、神話に登場した神器と同一とされる、日本の歴代天皇が継承してきた三種の宝物のことであります。
三種の宝物とは、「八咫鏡」「八尺瓊勾玉」「草薙剣」を指します。
元々はこのような意味で使われていたでありますが、今では電化製品の三種の神器の方を、イメージされると思います。
戦後日本において、新しい生活・消費習慣を表すマスコミのキャッチコピーから、三種の神器として「白黒テレビ」「洗濯機」「冷蔵庫」を指すようになったであります。
その後高度経済成長を迎え1960年後半には新三種の神器として「カラーテレビ」「クーラー」「自動車」を指すことになり、その後も様々な三種の神器が生まれて来たであります。ちなみに、この時の三種の神器は「Color television」「Cooler」「Car」の三つの頭文字から3Cとも呼ばれていたであります。

このように、時代にあったその時の必需品が三種にの神器として広まってきたであります。

そこで、投資において必ず必要な三種の神器について書きたいと思います。

まず、三種の神器の一つ目は資金管理であります。

資金管理は、非常に非常に大切です。

全てではありませんが、本、雑誌、WEB、こうしたレポート等の投資HOW TO本や資料の大方は、それらに準じた資金管理さえ間違わなければ、負けることはないですし、それなりに勝てるでしょう。
 ただし・・・、それらに準じた資金管理さえ、しっかりしてれば!の話であります。

①スキャルピング~スイングトレードであれば、レバレッジ2~5倍で行うのもよいですが、損切りを徹底するのが前提として、10倍~時には時間限定で25倍をかけるのも戦略の一つです。慣れてくると、必ず勝てると確信できるところがあります。その時はガラケーもレバレッジを普段より高めにして、トレードする時もあります。レバレッジに関しても必ず、自分の中でルールを決めましょう。
もちろん損切りができなければ、レバレッジのかけすぎには注意してください。塩漬け状態になり、トレードに使える資金が制限されたり、場合によってはロスカットになることもあります。
ちなみに、レバレッジとは「てこ」という意味で、少しの資産で、自分の持っている資産以上にトレードができることであります。


②スイング~中長期であれば、レバレッジを1倍で行えば、外貨預金と一緒ですし、FXの醍醐味であるレバレッジを利用して、レバレッジ2~3倍で行うのも推奨します。

スワップ金利が高い通貨であれば、自然と資産も増えますので、ポジションを増やしてレバレッジを一定にしていくのもありかと思います。含み損になることもありますが、長期的に見てプラスになる、見込みのある通貨であればポジション数を増やしていくのはかなり効率がいいです。もちろんガラケーもレバレッジや、相場を意識してポジションをたくさん増やしているであります。



そして三種の神器の二つ目に関しては、また次回に。


皆さん、日々のディールお疲れ様です。

週末はいかがお過ごしでしょうか?

ガラケーは週末も仮想通貨のトレードなどで忙しく過ごしております。最近ではHISでも仮想通貨のビットコインの決済が導入されており、皆さんの身近な生活にも少しずつ馴染みが出てきたのではないでしょうか?ガラケーはテレビを見ませんが、テレビで放映されていたという声も聞いてます。

もともと、一部のビックカメラなどではビットコインの決済が出来るよう導入されており、見たことがある人も多いのではないでしょうか。

外国人観光客が多いところでなどでは、様々なところで見かけることができるので、皆さんも少し意識いて生活してみてはいかがでしょうか?

海外では既に多くのところでビットコインの決済が可能となっております。日本も今後、海外と同じように、様々なところで!ビットコインの決済ができる日が近づいてくるかもしれません。2020年には日本でオリンピックがありますので、外国人がたくさん来るこのビッグチャンスに、多くの企業が注目している事間違いなしであります。


さて、そろそろ問題に入ろうと思います。
ここしばらく、トレーダーの心得について書いてきましたが、本日でこの章は最後になります。

初心者・兼業トレーダーの心得として大きく分けて4つあります。

一つ目が、自分のトレードスタイルとルールを作ること。
そして、それらを守ることであります。

皆さん自分のルールの作成はできましたでしょうか?
皆さんが法律を守りながら生活しているように、投資でも自分で作ったルールは必ず守りましょう。

二つ目が感情のコントロールであります。
トレードをする際は、必ず落ち着いてトレードしてください。
どんな時でも冷静に判断するように心がけて下さい。

三つ目はトレードする通貨の特徴をつかむことであります。
皆さん自分にあった通貨を見つけることが出来ましたでしょうか?
自分にあった通貨が必ずあります。長い付き合いになると思うので、じっくり探してみましょう。

そして、最後の四つ目はトレードスパンを確立させることであります。

各各トレーダーさんで、トレードしているスパンも皆さんでそれぞれ違います。
投資家の皆さんは、各々、性格も異なり、トレーダーさんによっては自分に合うスパンが様々です。
せっかちですぐに結果が判った方がよい方は、スキャルピングやデイトレード、スイングトレードが向いているでしょう。
逆に日を跨いでポジションを持っているのが怖かったり、ストレスになる方も、スキャルピングやデイトレが向いているでしょう。
のんびり、ゆったりとしたいトレードや、外貨預金感覚でトレードされたいかたは、スイングトレード又は中長期トレードが向いているでしょう。

トレードするスパンは投資対象となる通貨ペアによって決まってくる要素でもあります。
自分の性格にあったスパンを先に見つけてから通貨を選ん見てもいいでしょう。
逆に、自分の好きな通貨に合わせてスパンを決めてみてもいいでしょう。
ガラケーは一つの通貨でデイトレもしつつ、スイングトレード、中長期をしていることもあります。皆さんは最初はその通貨にあったスパンでトレードすることをお勧めします。

トレードスパンを陸上に例えるなら、スキャルピングが100m走、デイトレが200m~400m走、スイングトレードが800m~10000m走、中期トレードが10000m~ハーフマラソン、長期トレードですとハーフマラソン~フルマラソン・・・等、様々の“種目”があり、種目によってストラテジーも様々です。
陸上も100m走が向いている人もいれば、ハーフマラソンが向いている人もいます。性格的にデイトレが向いている人が無理して中長期トレードをする必要はありません。ただし、デイトレが向いている人が、中長期トレードに挑戦してみるなど、様々なスパンでトレードしてみるのはいいでしょう。様々な発見があるかと思います。色々と挑戦してみて、自分に合うスパンが見つかれば、それを極めていきましょう。
陸上では100m走の選手がフルマラソンを走ることはほとんどないですが、投資の世界では、デイトレのプロが中長期トレードをしないことはほとんどありません。一つ自分にあったスパンを極めた後は、他のスパンにも挑戦してみることをお勧めします。
もちろん、ガラケーはどのスパンも極めております。そのため、中長期とデイトレのハイブリットでトレードすることも可能となったであります。

20170923133400efd.gif

さて、皆さんいかがでしたでしょうか?
初心者・兼業トレーダーの心得は投資を始める前の方、始めて間も無い方にはとても大事なことになりますので、必ず守ってトレードしてください。

最初は分からないことばかりで不安も多いと思います。ガラケーも最初は皆さんの同じでした。ただ、今では挑戦して良かったと思っています。皆さんも必ずでき、やって良かったと思うので、是非挑戦してみましょう。

次回は資金管理について書こうと思います。
こちらも投資をする上ではとても大事な項目になりますので、参考にして頂ければ幸いです。

皆さん、日々のディールお疲れ様です。

ディールの成果はいかがでしょうか?

三連休はゆっくり休めてでしょうか?
ガラケーは三連休とも仕事でありました。台風は深夜に来ており安心しました。月曜日は暑いくらいの快晴であり、最近少しづつ涼しくなってきたと思ってましたが、9月中旬でもまだ暑いがあります。ガラケーは暑いのが苦手なので、一刻も早く涼しくなることを祈っています。

また、季節の変わり目のは体調が崩れやすいので、皆さん体調管理にも気を使って下さい。体は資本、健康管理も長期投資です。相場は24時間動いておりますが、皆さんの体はしっかりと休ませましょう。ガラケーも365日社畜の様に働いている中でも一応は体を休めております。

さて、そろそろ本題に入ろうかと思います。まずは簡単に以前の続きから、復習を兼ねて書いていこうと思います。
初心者・兼業トレーダーの心得として大きく分けて4つあります。

一つ目が、自分のトレードスタイルとルールを作ること。
そして、それらを守ることであります。

皆さん、自分のトレードスタイルを作り、ルールを守りながらトレードしているでしょうか?
まだ、自分にあったトレードスタイルや、ルールが決まっていなければ、トレードは控えましょう。

そして、二つ目が感情のコントロールであります。
勝っている時こそ謙虚な姿勢でトレードをしているでしょうか?
負けてしまっている時も冷静になり、熱くならずにトレードをしているでしょうか?
トレードする際は常にペシミストモードになっておりますでしょうか?
まだ、感情のコントロールが出来ていない方もトレードは控えましょう。

さて、今回の本題の初心者・兼業トレーダーの心得の三つ目はトレードする通貨の特徴をつかむことであります。


トレードしている通貨ペアも各投資家の皆さんそれぞれ違います。通貨ペアを競泳種目に例えるなら、クロール、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライ・・・等、様々な“種目”があり、種目によって、ストラテジー(戦略)も様々であります。

自分の得意な種目や自分の好きな種目を決めて戦略を立てましょう。一つの種目をマスターしたら、他の種目に挑戦してみるのもいいでしょう。自分に合っている種目がクロールだと思っていおり、マスターしたので、バタフライに挑戦したら実はバタフライの方が自分に合っているなんてこともあります。泳ぎにに慣れるまでは一つの種目を練習し、慣れてきたら、他の種目にも挑戦してみましょう。出来る限り色んな種目に挑戦してみることをオススメします。

IMG_7385.jpg


また、通貨にはそれぞれの特徴があります。トレードする通貨の特徴をつかんでトレードをしましょう。
通貨によってはスキャルピングやデイトレ、中長期が向いている通貨もあります。トレードのスパンに応じて皆さんにあった通貨を選ぶのもいいでしょう。
初心者でありましたら、自国通貨であります円(クロス円)と基軸通貨のドル円、取引量第二位の通貨でありますユーロ円、ポンド円、豪ドル円なんかがなじみ深いかと思いますのでお勧めします。

初心者トレーダーの場合、少しでも関心のある、興味の持てる通貨を投資対象としたほうが、FXと深く向き合う理由になりますのでお勧めします。中には、自分の好きなスポーツで、好きな選手のいる国の通貨を選ぶ人もおりますが、それで少しでも投資に興味を持てるのであればいいと思います。ただ、オリンピックなどでは日本のチームを応援してくださると幸いです。

自分に合う通貨が見つかれば、トレードも楽しくなります。自分保有している通貨のチャートを毎日見るようになること間違いなしであります。そこまで来たらその通貨に対しての相場観が少しづづ養われてきます。その時に、自分の持っていない通貨を少しでも見ていただければ幸いです。

皆さんが良く取引されると考えられる通貨の特徴を簡単にまとめてみたので参考にして頂ければ幸いです。

(米ドル:基軸通貨 ユーロ:取引量第二位の通貨 円:リスクオフ通貨 豪ドル:資源国通貨(コモディティの鉄鉱石等と連動している) 南アフリカランド円、トルコリラ円、ブラジルレアル円:資源国通貨・新興国通貨・・・等々)

他にも様々な通貨があり、特徴も様々です。証券会社によっては扱っていない通貨もあります。ブラジルレアル円などは扱っていない証券会社もあります。証券会社を選ぶ際はご注意ください。また、扱う通貨によってどの証券会社がオススメであるかなどもありますが、詳しくはガラケーの第一ブログをご覧下さい。

と今回はここまでであります。
皆さん、通貨の特徴を掴み、自分の好きな通貨を数多く見つけて頂ければと思います。好きな通貨が多くなればなるほど、投資に対する関心が深くなること間違いなしであります。必ず皆さんに合う通貨がありますので、初心者の方は焦らず、じっくりと探していただければと思います。

そして初心者・兼業トレーダーの心得の四つ目はまた次回に。

皆さん、三連休はいかがお過ごしでしょうか?

しっかり身体を休めて、ゆっくりと休んでいるでしょうか?

三連休楽しんでいるでしょうか?

ガラケーはこの三連休もいつも通り仕事漬けの毎日であります。
皆さん台風が接近しているので、気をつけて頂ければと思います。三連休の中日が雨で遠方に旅行の方は大変かと思いますが楽しんで下さい。
ガラケーは台風でも仕事の為、少しでも大きくならないことを祈っておりまさす。

さて、今接近している台風18号は本日から18日本列島を横断する見込みとのことです。大型で強い台風第18号や活発な前線の影響により、17日にかけて、西日本を中心に大荒れとなり、18日頃関東に上陸するそうです。暴風やうねりを伴った高波の可能性もあり、また、西日本から北日本の広い範囲で、大雨になるそうです。また、19号は完全に西にそれているそうです。ちなみに台風18号の名前はタリムの言う名前だそうです。人から聞いて初めて知りました。

IMG_7378.png


天気が悪く残念ですが、天候が悪くてもトレードが出来るのは魅力的であります。土日は仮想通貨のトレードしかできないので少し物足りないですが。平日だった場合はいつも通りトレードが出来るので天候に左右されないので時間を有効に使えます。
投資の魅力は天候に左右されないこと以外にも場所を選ばないことが挙げられます。日本のどこにいてもトレードができます。旅行先でも出来るので旅行が好きな人にもオススメです。また、ネットの環境さえあれば日本以外であってもトレードができます。英語が話せないが海外に住みたい方などにもうってつけです。
他にも時間も24時間出来るので、皆さんのライフステイルに合わせてトレードすることが出来るので、どんな人でもできるとガラケーは思います。


さて、今回も以前の続きから、初心者・兼業FX投資家(トレーダー)向けに発信します。

初心者・兼業トレーダーの心得として大きく分けて4つあります。

一つ目が、自分のトレードスタイルとルールを作ること。

そして、それらを守ることであります。

自分に合ったトレードスタイルを見つけることが出来ましたでしょうか?
ガラケーは様々な通貨を様々なスパンでトレードしているであります。

詳しくは以前の投稿を参考にして頂ければ幸いです。


二つ目が感情のコントロールであります。


晴れて自分自身で、自身のトレードスタイル、トレードルールを確立しても、次のステップとして安定したスコアを残すには、自身の感情をコントロールできるようになることが重要となります。

この感情のコントロールが簡単なようで最初は意外と難しいです。トレードをする際はどんな時でも熱くならなこと心がけて頂ければと思います。とは言ったものの、常に冷静な判断とルールに従っていれば簡単です。


FXをはじめ、投資の敵は自分自身の感情との折り合い、感情のコントロールにあります。欲を出しすぎてまだ勝てる、まだ上がるなどの考えは捨てましょう。投資に絶対はなく、相場は神のみぞ知るものなので、根拠のない投資はやめましょう。それはもはやギャンブルなので投資とは言えません。ギャンブラーになりたいのであればいいですが、トレーダーになりたいので熱くなりすぎないように心がけましょう。

さて、投資を始めていくと常に勝ち続ける時があります。そう言った勝っている時に陥りやすい一つとして、いつでも勝てるのではないか?という錯覚に陥ることがあります。この考えは極めて危険な状態ですので、そのような考えは絶対に捨てて下さい。常に勝ち続けることはありますが、一度も負けずに一生勝ち続けるということは絶対にありません。
もちろん、ガラケーでも負ける時はあります。100%絶対に勝てるということはありません。勝っている時こそ、常に謙虚な姿勢で望むことが重要であります。

むしろ負けてしまった時こそ、感情のコントロールが難しくなるものです。負けてしまった時に、取り返そう取り返そうと焦ってしまいがちですが、焦らず自分のルールに沿ってトレードしましょう。損切りも大事です。損切りについては大切な項目になるので、こちらも今後書いていこうと思います。たとえ1日負けたとしても、週や月間でのトータルで勝つ事を心がけておきましょう。


また、ガラケーは、通常生活している時は、かなりのポジティブシンキングのオプティミストでありますが、トレードをする時は、ペシミストモードに切り替えるように心がけております。それほど感情のコントロールは大事です。
皆さんは普段はどちらのモードですか?
普段からペシミストモードの方は投資ではそのまま生かして頂ければいいでしょう。オプティミストモードの方は投資の時に関してはガラケーのようにペシミストモードなって頂ければと思います。

だからこそ感情のコントロールをしっかりする為に、明確なトレードルールを作り、トレードルールの徹底が大切であります。


そして三つ目はまた次回に。

皆さん、日々のディールお疲れ様です。


ディールの成果はいかがでしょうか?

夕食はゆっくり食べたでしょうか?

焼肉、お寿司、イタリアンなど美味しいものを食べているでしょうか?

タクシーで帰宅している最中に街中の色んなお店を見ていると、ガラケーも久しぶりにゆっくり食事をしたいと、ふと思った今日この頃であります。

ガラケーは自分なりの時間の優先度があり、食事の時間に対する優先度はかなり低くなっています。ほとんど時間をかけてご飯を食べたりしません。移動中に食べることも多く、ゆっくり食事をしていても、チャートを見ながら常に相場を見ております。また、常に仕事やトレードのことを考えており、脳内も24時間休みなくほぼフル活動し続けであります。

ガラケーさんてちゃんと寝ているんですか?と聞かれることも多いですが、ガラケーはしっかり寝ております。3時間前後は寝ております。多い少ないは人によって感じ方は違うと思いますが。ここ数年はしっかり寝た記憶はございません。もちろん地方に行く際の移動では寝ることもあります。こんな睡眠時間であっても、健康状態に異常はなく、毎日元気であります。
寝ている時間ほど無駄なものはなく、睡眠時間を削ってでも働いている方が楽しいからでありあます。もちろん本職もトレードも楽しくしております。

皆さんはトレード以外にも、日々の仕事も楽しんでおりますか?
トレードが楽しいのはもちろんですが、日々の仕事も楽しんで下さると幸いであります。楽しいと続かないので、まずは何事も好きになりましょう。最近は仕事を楽しいと言って働いている人が少ないので、少し心配であります。


さて、本日水曜日は中長期投資、高金利通貨のトレードでは大事な曜日となるので、仕事後もご飯を食べつつガラケーを片手にトレードをしております。

皆さんは知っていますか?なぜ水曜日が中長期のトレードにおいて大事であるかについて。基本的に木曜日はスワップが他の日よりも多く入るからです。なぜ他の日よりもスワップが多いかについては今回は伝えたいことが他にあるので、詳しい説明は今後していきたいと思いますので楽しみにして頂ければ幸いです。

本日の中長期のトレードでは、トルコリラ円とブラジルレアル円とでチョびっと稼ぐことができました。



ではそろそろ本題に入ろうかと思います。こちらの第二ブログでは、まずはじめに、初心者・兼業FX投資家(トレーダー)向けに発信・投稿していき、初心者投資家(トレーダー)に役立てていただければ幸いです。
徐々に具体的なトレードについて話していきますので、ブログの読者の皆さんと共に育っていければ幸いです。

既に、トレーダーとして活動されているいる方には復習と言った形で思い返して頂ければと思います。



今回の投稿では、投資をする上でどのような考え方でるいべきかについて書いていきます。初めて投資する方はまず何をすればいいか、分からないことが多いと思いますので是非とも参考にして頂ければと思います。


まず、初心者・兼業トレーダーの心得として大きく分けて4つあります。

一つ目が、自分のトレードスタイルとルールを作ること。

そして、それらを守ることであります。

basic10_00eye-catch.jpg


自分のトレードスタイルを確立できるのは、自分自身でしかできません。

何故ならば、人それぞれ好みや性格が違います。

早く稼ぎたい人や、たくさん稼ぎたい人、安全に稼ぎたい人、それは人それぞれの好みになるので、あなたはこのトレードがいいよとは言いません。じっくりでいいので、自分に合うトレードを見つけましょう。かなり重要なことですので、しっかりと考えて頂ければいいと思います。


皆さんの好みに合わせて通貨を選ぶのもいいでしょう。値動きが激しい通貨やあまり値が動かない通貨等もありまして、それぞれ選ぶ通貨ペアも変わってきます。

それ以外にも人それぞれの好みや性格でよくトレードに表れるのが、トレード期間(時間)であります。
トレードスパンはわずか数分のスキャルピング、24時間以内のデイトレ~年単位の中長期に至るまであります。自分がどのようなスパンでトレードするのが向いているか向き合ってみるといいでしょう。

また投資家の皆さんのライフスタイル・働いている時間帯や休日もまちまちで、皆さんそれぞれトレードができる時間帯が違います。そのため皆さんのライフスタイルに合わせたスパンで投資してみるのもいいでしょう。

ガラケーは仮想通貨(暗号通貨)の取引もあり24時間365日年中無休のコンビニ状態であります。完全にトレード中毒であります。そんなガラケーでも空いてる時間にスキャルピングやデイトレ、中長期トレードなど、出来る時間に応じてトレードする通貨やスパンを変えております。もちろん相場を見てでありますが。


それゆえ、自分自身で、自身のトレードスタイル、トレードルールを確立しなければなりません。


そして二つ目はまた次回に。

皆さん、週末はいかがお過ごしでしょうか?


ガラケーは、土日もお仕事漬けでありまして、何とか先程帰路に着き、生還?しました。


ガラケーは、兼業社畜サラリーマントレーダーの哀しい性ではあるものの、新しく第二ブログなるものを立ち上げました。
第一ブログとは別で、備忘録編として始めます。

まずは中長期について、次回から書こうと思います。

今週も慎重かつ楽しみつつ、ディールしていきましょう。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。